ボトルアクアリウムの始め方

ボトルアクアリウムとは?

ボトルアクアリウム
ボトルアクアリウムとは、その名の通り空き瓶等を利用して、アクアリウム(=熱帯魚等を買う水槽)を作ることです。
通常の熱帯魚飼育の場合は、大きな水槽にエアレーション(空気を送る機械)やろ過装置をつける必要があり、結構大掛かりな設備が必要になります。
そのため、なかなか初心者には手を出しづらい印象があります。

これを解消するのが、空き瓶を利用して、必要最低限の設備ではじめるボトルアクアリウムです。
空き瓶と、ビンの底に敷く砂、そして少しの植物と熱帯魚、これだけあれば簡単に始めることができます。

日々の生活に疲れを癒してくれるボトルアクアリウム、始めてみてはいかがでしょうか。




ボトルアクアリウムの注意点とメリット・デメリット

ボトルアクアリウムは手軽に始められる反面、中で生活する生き物達にとってはある意味生きるには過酷な環境となります。
そのため、なるべく中で生きる生き物達にとって心地よい環境を提供する努力が必要です。
また、ボトルアクアリウムで飼育することができる生物の種類はかなり制限されます。この点も注意が必要です。
特定の種類の熱帯魚等を飼いたくて始められる方は、その熱帯魚がボトルアクアリウムの過酷な環境に耐えうるか、一度調べてみることをお勧めします。

特に、目当ての種類の生物がいない場合は、まずはこのサイトの始め方に沿ってボトルアクアリウムを始めてみてください。
手軽に始められるところがボトルアクアリウムの魅力で、その後に「やっぱり○○を飼いたい!」となったときには、本格的な熱帯魚用水槽を買えばいいんです。

ボトルアクアリウムのメリット

      導入費用が安い
      維持費用が安い
      世話の手間が最低限ですむ

ボトルアクアリウムのデメリット

      中で生きる生物にはちょっと生きづらい環境
      飼育可能な魚や水生生物の種類が制限される
      環境の変化に弱い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加